精神科と心療内科での治療だけではなくリワークプログラムも用意されている

サイトメニュー

発達障害の治療

院内

大人の発達障害のカウンセリング

大人にも発達障害の症状が見られることが、研究によって明らかとなり、メンタルクリニックの主要な診療の一つとして治療を受けられるようになりました。覚王山メンタルクリニックでも大人の発達障害の治療に力を入れています。カウンセリングを中心とした治療と投薬による治療を併用することで、仕事でも支障をきたすこと無く自立した生活を行うことができるようになります。物忘れの多さや多動症候群というのは発達障害の一つである多動性障害の代表的な症例の一つとして考えられていて、この症状により仕事でミスを連発するなど仕事に支障をきたしてしまうことがあります。覚王山メンタルクリニックにて投薬治療を受けることにより、症状を緩和することができます。また、カウンセリングにより発達障害を持つ自分の特性を理解することができるのです。カウンセリングでは必要に応じて転職の相談を受けています。まずは大学病院など大きな病院で検査を受け、その検査を基にして今後の生活や仕事のことを相談することができるので、将来を見据えて治療に取り組めます。

覚王山メンタルクリニックでは、子供の発達障害の治療も積極的な病院です。発達障害は脳の働きが影響していることが研究により徐々にわかってきています。物忘れがひどかったり、授業に集中することができず、授業中にも関わらず教室を歩き回ったり、外に出ていってしまったりする子供は昔から存在していました。以前は困った子供であるという認識から、教師から煙たがられたり、必要以上に叱責を受けることが多かったのです。しかしながら、研究が進むにつれて投薬治療やカウンセリングでも症状を改善できることがわかってきたのです。覚王山メンタルクリニックでは子供を責めたり叱責したりするようなこともなく、症状にあった治療を行います。発達障害という病気が社会的に認知されるようになり、自分の子供も発達障害なのではないかと感じたら、すぐに病院に相談することが治療の近道になります。早期に治療を開始することで、子供の生きづらさを緩和し、学校生活を送ることができるよう指導を受けることができます。